トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

自然エネルギーへ

現在、私の最大の関心事は一日も早い福島の原子力発電所の事故が終息すること。
しかし冷却、廃炉、使用済み燃料の処理などまだ多くの工程があり、相当の時間がかかることでしょう。
TVの映像で年老いた人々が長年住み慣れた美しいふるさと(飯館村)を離れていくのを見ると、なんとも言葉が出ません。
さらに原子力発電で得た電気を使ってきたことへの悔しさが加わるのです。

原子力発電がどんなに効率が良くても、クリーンでも人間が生きられない環境をつくりだすなら、それはしてはいけないことです。
日本はこれからエネルギーをどうするか、もちろん原子力から自然エネルギーへ転換していくべきです。
原子力がなかったら「停電」だという専門家もいたが、デンマークでは市民共同開発による自然エネルギーを柱に電力自給率200%に迫ろうとしているそうだ。日本だって不可能ではない。
確かに自然エネルギーは不安定な部分はある、それゆえ蓄電、蓄熱の技術をもっと発展させ安定的なエネルギーとするのです。
この震災でもう一度スタートラインに立ち、エネルギー政策を検討し、全日本国民がライフスタイルを考え、私達の子供や孫のために美しく、住みよい日本を残したいものです。

「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。
そのとき、あなたたちがわたしを呼び、来てわたしに祈り求めるなら、わたしは聞く。」
                                                
 エレミヤ書29章11,12節

藤の花.jpg

本厚木の萩野運動公園の藤棚


カモミール.jpg

農園のカモミールの群生、花を摘んでリンゴの香りのカモミールティーに


青いトマト.jpg

もう青いトマトがお目見えです

コメント

本当にそう思います。人間がいても地球が滅んでは困りますね。人間の力で処理出来ないものは造るべきではないですね今まで電気を何気なく使ってきて反省です。太陽 風 水
色々利用して欲しいです。

ソフトバンクの孫氏が19の道都県とスクラムを組んで、7月上旬に自然エネルギー協議会を立ち上げました。
孫氏は、エネルギー供給量のうち水力を含む再生可能エネルギーの比率を現在の10%から2020年に30%に引き上げることを目指すそうです。

デコさん

原子力発電がなくても快適な未来社会を作るために、あらゆる手を尽くして節電、省エネもしましょう。
人間て結構貯めるのが好きだから、そういう意味では電気もエネルギーも使わないで貯めるということは、誰でもできる一つの社会貢献となるのではないでしょうか。

のんさん
のんさんもこのようなこと(エネルギー問題)に関心があるというのは素晴らしい事です。その上それを公に表現することはなお素晴らしいです。
明るい未来はあなた方の肩にあります。期待しています。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.