トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

イースターおめでとう!

今度の日曜日(24日)はイースター、復活祭です。


大麦.jpg

昨年、友達から頂いた大麦の種を秋に蒔いた。
いま成長して60cm位になり穂をつけ、一粒の麦が沢山の実を結んでいる。


クリスチャン(プロテスタント、カトリック等合わせて世界人口の30%約20億人)にとってイースターは最も重要な日です。
それは、イエスキリストが復活した日だからです。
イエスは、わたしたちすべての者の罪のために死んで、葬られ、三日目によみがえられたのです。
イースターの前の40日間はレントといって(今週1週間)キリストのエルサレム入場、最後の晩餐、ゲッセマネでの祈り、受難、十字架の死、墓に葬られる、を思いつつ祈りに専念するのです。

復活は臨在です。(金田福一牧師のことば)
臨在、イエスが私達と共に居られるのです。
何とうれしいことでしょうか、神が私と共にいてくださるとは! ここに力と希望があります。

「あなたが蒔くものは、後でできる体ではなく、であれ他の穀物であれ、ただの種粒です。」
「死者の復活もこれと同じです。蒔かれるときは朽ちるものでも、朽ちないものに復活し、蒔かれるときは卑しいものでも、輝かしいものに復活し、蒔かれるときには弱いものでも、力強いものに復活するのです。」
               コリント人への手紙 第一 15章37節、42-43節


コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.