トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

豊かな想い出を

正月早々に、元上司であったAMさんと食事する機会があった。
AMさんご夫妻はサンディエゴ住んでいます。この正月は日本にいる娘さんご家族と過ごす為に一時帰国したのです。一言話し始めるとお互いの記憶がフラッシュバックし、昨日まで一緒に働いていたかのごとく、すぐ昔の想い出話しに花が咲いた。遠来の友(元上司)に感謝。

ある時、中東のアンマンにあるプロジェクトの商談の為に2人で海外出張の旅に出た。
はじめにイラクで病院の工事をしている某建設会社の飯場にお世話になって、現場見学をした。たったの一日間の見学でしたが、1週間も滞在することになった。砂漠の中で何もすることがなく、毎日食事と洗濯だけが楽しみだった。最後の日に退屈さから解放されて、砂から掘り出されたバビロン城市を見学に行った。
数千年前に聖書で預言(エレミヤ書51章43節)されていた通り、人の住まない町となっていた。歴史の真実に本当に驚いた。

それから、アンマンに入る為に一旦ロンドンに飛んでそこから入る計画になっていたのだが、アンマンで内乱が起きて危険だと言うことでアンマン行きは中止せざるを得なかった。
仕方がないので、滞在中の時間を有意義に使おうと、知り合いの宣教師、マイケル・グリフィッツ先生のロンドンのお宅を訪問して御茶をご馳走になったのでした。
仕事の目的は100パーセント不履行の旅だった。
しかし、とても楽しい旅だったのでいつも2人が合うとこの話が出るのです。古き良き時代でした。
今年も良い想い出をいっぱい作ろう。

「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。
 苦しみの日々が来ないうちに。『年を重ねることに喜びはない』と
   言う年齢にならないうちに。」

             コヘレト(伝道者ソロモン)の言葉

初顔合わせ.jpg

お茶の水のカフェ ベーカリー、デリ・フランセでAMさんと

コメント

新年明けまして、おめでとうございます。
翌日、AMさんから、電話いただきました。
帰国前に会うことを約束、楽しいひとときを持てそうです。

Winder さん
明けましておめでとうございます。
良い時をもってください。
こちらも、今年もよろしくお願いします。

AMさん元気そうですね、豊かな思いで語り合えよかったですね。

tajimaさん
AMさんも tajimaさんの消息を聞いていましたから。
いつか一緒に食事できることを期待しています。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.