トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

龍馬伝も終わりに

私はTVを食い入ってみる方ではないが、NHKの「龍馬伝」は毎回、その時間にはTVの前にソファーを持ってきて見るのが楽しみだった。
いよいよ次週(28日)が最終回となる。

何百年も続いた日本の武士中心の階級社会から民衆の平等社会に変わる激動の時代に生き、その変化をつくりだした一人の男、坂本龍馬の物語。
私も青年時代に司馬遼太郎の「竜馬は行く」を読んで感動した。とくに竜馬に言わせた「人が生まれてきたのは、なすべき事があるからだ」という言葉が好きだった。人は何のために生きているのかと考えさせられ、しばし悩んだ時である。
その後聖書に出会い、「人は神をほめたたえるために生きる」ということを知り、今日まで豊かな人生を送ることができた。

幕末に竜馬は若くして死んだが、キリシタンと出会っており、西郷隆盛や勝海舟も聖書に触れている。彼らは大政奉還を通じその後も良い働きをしたのです。
 *西郷隆盛は「敬天愛人」という聖書の心を座右の言葉として生きた。
 *勝 海舟は宣教師を援け、また2人の娘さんはクリスチャンとなった。

「なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。」
エペソ人への手紙2章10節

" In Christ Jesus, God made us to do good works, which God planned
in advance for us to live our lives doing."(英訳)

 

クリスマスリースー3.jpg

リース.jpg


今年のクリスマスリース、ペンション・モルゲンローテの寺島信子さんに毎年、高原の材料で作っていただくリースです。

コメント

今年もリースを飾る季節になってしまいましたね。
本当に1年去るように過ぎてゆきますね。先日岩崎邸の静嘉堂文庫にいきました。ドラマに中で岩崎弥太郎が出てきましたね。その方の弟さんが建て別荘でした。周りの森が残っており鬱蒼としていました。

デコさん

本当に私の年になると(四捨五入で70歳)一年の過ぎるのが早いです。デコさんご家族も素晴らしい1年だったと思います。残された日々を大切にしたいと思っています。

今日(28日)龍馬伝最終回の最後に岩崎邸の別荘が映りました。きっと押しかける人が増えることでしょう。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.