トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

第2回日本ハウスチャーチ・カンファレンス

 この夏(8月)、カンファランスでウルフガング・ジムソン氏(Houses that change the worldの著者)の講演が行なわれた。
その中で興味深かったのは資本主義経済のあとに来るのは「御国の経済」ということでした。それは「 分かち合い」ということです。
確かにその様な時代が今来ていると思う。

次に面白かったのは、イエスの宣教です。
まず第1は、食事をすること。
家に入ったら出される物は何でも飲んで食べることです。
もし招いてくれなければ、ザーカイの時のように押しかけて行って食事するのです。(プライバシー保護という言葉で関係の絆を分断されているが、少し多めのおせっかいを待っている人もいる)

第2は、物語りを語ること。
イエスさまもビジネスマン(大工、建築請負業者)でしたから、いろいろな職業(漁業、農業、ぶどう酒造り、ベーカリー、建築、税関等) を通して福音の真理を話した。

第3は、しるしと不思議を行なった。(祈りによる聖霊の助けによって)

私たちも大いに飲んで、食べて、友達を作りましょう。
(食べてもあまり太らないように、神さまに祈って)


「貧困をつくるのは神ではなく、わたしたち人間です。わたしたちが分かち合わないからです。」
       マザーテレサのことば

はーい.jpg

ジムソン氏のユーモアある話を楽しんでいる


ベレーかぼちゃ.jpg

おもちゃではありません、ベレーカボチャです。
種を取ったので来年自家栽培します

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.