トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

敬老の日を祝う

私が住む、この海老名プラーザは650世帯からなる団地です。

60歳以上の高齢者が7割超おられるという、そして75歳以上の方が約200人おられるようです。皆さんここが好きで長く住んでおられるからです。これは他所よりずっと先端を行っている高齢化社会です。これは宝です。
お年寄りの方を大切にし、お年寄りの貴重な経験を次の世代に引き継いでいくことが私達のなすべきことです。

よくいわれる言葉に「終わりよければすべてよし」(シェークスピアの言葉)があります。お年寄りにとって、長い人生において困難な時や不満足なことがあったかとは思いますが、それでも「終わりよければすべて良し」です。

今日、団地で75歳以上の方を祝う「敬老の日を祝う会」に60名の方が参加しておられました。今日ここに参加されなかった方々も含めて一人も漏れることなく、最後には「人生、生きていて良かった」と言えるような、団地であり続けたいと思っています。

それには、これからは政府や行政に頼るのではなくコミュニティーの一人一人が自覚を持って助け合い、団地を元気にしていく時代です。
行政はそれをただ応援するのです。
まずはお隣さんから、声をかけていきましょう。

「主御自身が建ててくださるのでなければ、家を建てる人の労苦はむなしい。
主御自身が守ってくださるのでなければ、町を守る人が目覚めているのもむなしい。」
        詩篇127編1節


かかしー1.jpg

海老名かかし祭りに約50体の参加がありました。
わが団地から出品したカカシ「さつき町からこんにちわ!祝敬老の日」です。


カカシー2.jpg

時代を反映して、エコのかかし?カエル?カッパ!


カカシー3.jpg

最優秀賞、スズメを追い払うような雰囲気はありません。

コメント

待っていた案山子、ようやく見ることができました。
案山子の出来もバックの稲穂もいいですね。
どこの町も高齢者が多くなりましたが、仲良く暮らして
いきたいですね。世話役頑張って下さい。
追伸 安曇野ちひろ美術館もよかったです。

ワァ~!!
立ちましたね。待ちに待っていましたよ。
スズメはどうでも、人が寄ってくるカカシですね。
稲も色づき刈りいれるばかりになりましたってどなたかが言っておられますね。
励みましょう!

winder さん

案山子がどうしてカカシと読めるのかちょっと話題になりました。日本語は難しいです。いまだにわかりません。
来年もだれか案山子作りを引き継いでくださる人がいることを願っています。

パン吉君さん

カカシを見て頂きありがとう。
実った稲穂を見ていると、一粒の種が地に落ちて死ぬと本当に30倍、60倍、100倍になるのが良く分かります。
それぞれ一粒の種であらん!

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.