« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月26日

お隣さん

暑い!暑い!
今日も午前中から30度を超える暑さでした。
午後、お隣さんのTGさん(82歳)が自分で作ったかき氷を差し入れてくれた。暑い時に、昔懐かしい味だが本当に美味しかった。ありがとう。

TGさんは2年前に奥さんを亡くされて一人住まいですが、この団地に食事や体調管理の世話をしている娘さん家族が住んでいるので安心です。
隣同志でおかずや、おやつの交換を良くしています。
単なる隣同志ということだけではないのです。
TGさんは戦前戦後、中国の北部に住んでいて大変苦労したそうです。中華圏で長く駐在していた私達とは話が通じ、また食(中華料理)の好みも合うので急に親密になったのです。団地に友人の少ない私達にとってかけがえのない友人です。
この夏、暑くてご老人にはきつい夏です。かき氷など好きなものを食べて乗り切ってほしいと願っています。


「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」
      詩篇133編1節


サンディエゴ.jpg

サンディエゴ在住の元の会社の上司、AMさんから暑中見舞いに頂たポストカード、これを見て涼をもらっている


チリ.jpg

わが農園に育つ鷹の爪、食べて暑さをふっ飛ばす

2010年8月20日

サックス演奏

7月31日(土)渋谷のタワーレコードで岸さんのサックス演奏があった。
最近リリースしたCDの記念演奏会です。
60歳から独学でサックスを学び、今回「心に広がる名曲の世界23」を出したのです。タワーレコードの記録をはるかに超える当日売り上げ401枚を記録。すごい!
記録更新で次は9月25日大阪講演決定。

実は、岸義紘さんは神学校(JTJ宣教神学校)http://jesustojapan.com の学長です。
この神学校は「いつでも、どこでも、だれでも」をモットーに設立運営され他の神学校とは10-100倍も違い、毎年150人からの老若男女が入学し学んでいます。
この神学校から世界中に2000人以上が牧師、伝道者、ビジネスマン、家事従事者等として送り出されている。私のハウスチャーチ活動もこの「いつでも、だれでも、どこでも」の精神にもとずいているのです。
誰にとっても人生に神学は必要です。
特に学長自らの講義「福音総合理解」は固定観念に囚われたクリスチャン生活を根本からひっくり返す。
彼が高校1年生でドロップアウトして以来、逆転人生を歩んできたためでしょうか。


「また、わたしに言われた。『事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう。
勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐ。わたしはその者の神になり、その者はわたしの子となる。』
      ヨハネの黙示録21章6,7節


コンサート.jpg

テナーサックスを吹く岸義紘さん

2010年8月11日

夏の収穫

今年の夏は特に暑い。
夏野菜にとっては良い事でもある。
収穫を報告します。

サンフラワー.jpg

実は、このひまわりは食用です


ミニトマトの房.jpg

ミニトマト一本の木から数百個の実が取れた


トマト、トマト.jpg

大きいトマトのへた部分が割れる、商品としては失格だが味は良い


ズキーニ.jpg

遅ればせながらズッキーニの種を蒔いてみたら出来た


ハラペーニョ.jpg

トウガラシとシシトウの中間の辛さで、チーズとよく合うハラペーニョ

2010年8月 7日

夏祭り

今日、8月7日(土)はさつき町の夏祭りです。
暑い暑い一日でしたが、私にとってコミュニティ活動への参加は貴重な体験でした。
焼き鳥、焼きそば、焼きトウモロコシなど屋台が出てにぎわっていた。

私達の役目は厚生福祉活動で、ふれあい広場と言うコーナーを設け、保健士さんによるお年寄りの健康相談及び、厚生委員と子供達とでカカシを作ることでした。
私たちのメンバーは15人ぐらいで、ほとんどが高齢者でしたが皆協力的で作業が良くできた。また子供たちの絵を描く発想がそれぞれ独創的なのには驚いた。
カカシは3体で、おじいさんとおばあさん、そして孫娘です。それぞれの着物に子供たちが描いた10cm角の絵を張り付けていくのです。
出来上がった作品は9月に行なわれる「えびなカカシ祭」に出品します。


「さて、主は巨大な魚に命じて、ヨナを呑み込ませられた。ヨナは三日三晩  魚の腹の中にいた。
 ヨナは魚の腹の中から自分の神、主に祈りをささげて、 言った。
 苦難の中で、わたしが叫ぶと、主は答えてくださった。
 陰府の底から、助けを求めると、わたしの声を聞いてくださった。」
          ヨナ書2章1-3節


ふれあい広場.jpg

まだ未完成です。このカカシにみんなで作った着物を着せ完成です。


稲の成長.jpg

稲も成長してきました、田んぼのあぜ道にカカシを展示します。

2010年8月 3日

ありがとう、誕生祝い

誕生祝いに三人の息子と一人の娘(嫁)から、今話題のiPadをプレゼントされた。
欲しいと思っていたのでとても嬉しい!
写真を整理したり、本を読んだりいろいろな機能を探索してみたい。
多機能であるが操作は簡単なので脳の活性化に良いようだ。

この夏は、このiPadで「真夏の夜の夢」をたくさん見よう。
新しい事を始めるのは老化防止に良いそうだから。実はこれが息子、娘達の真の狙いかも。   まーいいか???


旧約聖書にこんな箇所がある、
「その後、
 わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。
 あなたたちの息子や娘は預言し
 老人は夢を見、若者は幻を見る。」
          ヨエル書3章1節

誕生祝い.jpg

待望のiPadを手にいれた。
初期設定が結構難しいようだが息子達がしてくれた。


フラワーボール01.jpg

そういえば、昨年は誕生日も忘れてフラワーボールを見て楽しんでいた

Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.