トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

トマト栽培

今の一大関心事はトマトの栽培です。
昨年は病気のためトマトの出来が良くなかった。今年は再度チャレンジで美味しいトマトをたくさん作り、ケチャップも作りたいと意気込んでいる。
トマトはメキシコの高地が原産であるので、その風土に会わせることが栽培のコツと、ものの本にあった。日本の梅雨時にも出来るだけ乾燥させることです。それを具現した「永田式」というのを知ったので採用した。

ビニールの屋根を構築したが、意外に風の力が強くて強度を持たせるのに追加の補強をしたり、雨がたまらないようにしたり結構大変。
確かに市民農園といえども農業は自然との闘いです。
今のところ苗が順調に成長して青い玉がいくつかつき始めている。
さてこれから梅雨入りする時が正念場です。
美味しいトマトがどれだけとれるか楽しみです。

「弱い人に対しては、弱い人のようになりました。弱い人を得るためです。すべての人に対してすべてのものになりました。何とかして何人かでも救うためです。」    
コリントの信徒への手紙 一 9章22節


トマトの栽培ー3.jpg

市民農園、コダイラファームでのトマト栽培


トマト栽培ー1.jpg

もう一つ、ベランダでの逆さトマト栽培(ミニトマト)

コメント

今年は庭先にミニトマトを植えました。昨年近所の空きやで草だらけの中に元気に実をつけているミニトマトを見つけずっとみていたら元気元気で11月の頃まで赤い実をつけていたからです。コダイラファームも沢山美味しいトマトの実が収穫できると良いですね。

うちのトマトは、去年は日照りが悪くあまり赤くならなかったのですが今年は今のところ北海道とは思えない夏日が続いているので赤い美味しいトマトになるかなと期待しています。逆さトマト良いですね(*^^*)ペコちゃん宅では、今年はズッキーニが成功したらと祈っています。
そちらでは、風邪が流行っているそうですね。体調の回復お祈りいたします。

デコさん
いよいよ関東も梅雨入りです。ご主人も山登りに行けないで退屈していることでしょう。
ミニトマトは栽培が比較的やさしく観賞用にもいいと思います。
美味しいトマトをたくさん収穫してください。

ペコちゃん
そちらは梅雨がなくていいですね。今は爽やかな時でしょう。こちらは梅雨に入ったせいか蒸しむししています。

お陰さまで丸2日寝ていたら風邪はだいぶ良くなり、今日は午後畑を見回ることができました。
ズッキーニは作ったことがないのですが、結構難しいのでしょうね。来年は挑戦してみます。いろいろ教えてください。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.