トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

種を蒔こう

最近読んだ本。
「種をまく人」
ポール・フライシュマン著、片岡しのぶ訳

アメリカ北部、クリーブランドの貧しい人々が住む一角にゴミの捨ててある空き地があった。
一人の女の子が豆の種をまいた。
すると、その後一人また一人と人種も境遇も年齢も異なる人が種を蒔き畑が出来た。
収穫は、実を得るだけでなく人々が仲間になっていったことです。

野菜や果物には種が残るものがある、その種を大切に取っておくのです。
決して無駄にしてはいけません。
そして、最近私は去年食べた野菜の種を蒔いた。オクラ、パプリカ、鷹の爪、バジル、パセリ等。
芽が出たらベランダに、また畑に持っていて植えます。どんな実が、何倍の実になるか楽しみです。

「朝、種を蒔け、夜にも手を休めるな。実を結ぶのはあれかこれか/それとも両方なのか、分からないのだから。 」
     コヘレトの言葉11章6節

絵本.jpg

「種をまく人」 ポール・フライシュマン著、片岡しのぶ訳


沖縄の植物.jpg

二男夫婦が沖縄旅行から送ってくれた野菜
島ラッキョ、ウコン、エッグフルーツ、一部を畑に植えた


苗ー1.jpg

右オクラ、左手前パプリカ、左中バジル、奥は鷹の爪

コメント

家庭菜園頑張ってますね。私は庭に2坪の菜園作りましたが、ここ数年休園してます。 10年前タラの苗木2本買って庭に植え4日前タラ芽天ぷらで美味しく食べておりますが、今年1本は芽がでません。木も大きくなりてっぺんの芽は採れませんでした。楽しませてくれましたが、もう寿命かも知れないので撤去します。沖縄の野菜育つと好いですね。

tajima さん

タラの芽はまだ食べたことがないです。特に天ぷらはとても美味しいそうですね。
年をとると新しいことへの挑戦を躊躇しがちです(タラの芽を食べるとか)でもいつか食べてみたいと思っています。
タラの木の寿命はそんなに短いのですか、肥料を与えてもう一年様子を見たらいかがでしょう、来年取れたら送ってください。よろしく。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.