トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

友を訪ねて

四国旅行の最後の地、徳島です。
ここには17年ぶりに会うKMさんご一家がいるのです。

シンガポール駐在時(35年前)以来、特に子供たちがKMさん(当時はもちろん独身)に良く遊んでいただいた。その後結婚し娘さんに恵まれましたが、10年前に労働災害に遭い後遺症が残っていると聞いていたので心配していた。ところが今回会って共に食事をし、短い時間でしたが日常の生活を聞いたところほとんど気にならないくらい回復しているようで安心した。
また奥様もとてもしっかりしていて美しく、優しい、また中学2年生の娘さんも元気で素直そう、素晴らしいクリスチャンのご一家でした。
このことを知るだけで今回の旅は良い旅でした。

翌日、雨の中鳴門にある大塚国際美術館へ行った。
ここは一風変わった美術館で、すべての著名な絵画が陶板に焼き付けて作られているのです。特に圧巻はバチカンにあるシスティーナ礼拝堂のミケランジェロによる天井画が実物大で作られていることです。
実物は年数がたつと色も艶も褪せていくが、陶板に焼き付けたものは半永久的に変化しないとのこと。
本物がない一抹の物足りなさは残るが、人類の知恵による文化財の保存というアイデアはうなずける。
ちなみに白鵬が先日ここで結婚式を挙げた。

「わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。」
         フィリピの信徒への手紙 4章19節


大歩危.jpg

高知から、吉野川ブルーラインで大歩危の渓谷を渡り徳島へ、


KMご一家.jpg

素晴らしい家族です!


ルノワール.jpg

一枚だけ買い求めた陶板画(タイル)は「セーヌ川の舟遊び」
ルノワール原作

コメント

四国の旅の最後は徳島のKMさんのとこへ行ったのですね。
KMさんには本当にお世話になりました。
結婚されて、お子さんもできたのですね。
奥さんも素敵な方ですね。
病気の後遺症もないみたいで安心しました。

のん君
KMさんも君たちと遊んだことを懐かしく思いだしたと思う。
いつか手紙でも書いてください。
そちらはまだ寒いだろうから、風邪ひかないように。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.