« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月26日

団地の奉仕活動

今年は団地の奉仕活動に積極的に参加します。
私が住む「エビナプラーザ」は620世帯からなる団地です。
35年前に入居して1年間住んだ後、海外転勤のため一時期知人や子供たちが住んでいたことがあるがほとんど空家にしていた。
駅に近く、周りは畑が残っていて、敷地内には車が入ってこない閑静な場所でとても気にいっている。

6年前に帰国して今夫婦2人で住み始めた。
団地内に知り合いもいないし、親しく話す人もいませんし高齢者になってますます友達作りが難しくなっているわたしたちです。
すなわち、団地内ではわたしたちは新参者です。
そんなわけで、友達を作るために今年は団地の棟役員の奉仕をしようと決めたのです。
どんな友達が出来るか楽しみです。


「どのようなときにも、友を愛すれば
 苦難のときの兄弟が生まれる。」    
                      箴言17勝7節


梅満開.jpg

あちこちで梅の花が満開 (相模川の川岸にて)

2010年2月19日

もうすぐ春?

朝起きたら雪だった。
今年初めて庭が真っ白く、雪で覆われた。
外はとても寒そうだった。

ところが、昼ごろになると晴れ上がり雪は跡形もなく消えた。
久しぶり(10日間位)に太陽が出たので青空の中、相模川の散歩道を歩いた。写真も撮った。
朝とは打って変わり、冷たいが気持ちのいい風だ。
もう春を感じる。

「見よ、新しいことをわたしは行う。今や、それは芽生えている。
 あなたたちはそれを悟らないのか。わたしは荒れ野に道を敷き、
 砂漠に大河を流れさせる。」  
              イザヤ書43章19節
                   

雪の庭.jpg

フロントヤードの雪景色


バックヤード.jpg

バックヤードはこんな風だ


-1白梅.jpg

相模川の堤に咲く白梅


椿と枝.jpg

やぶ椿の花も春のよう


水道橋.jpg

水道橋の下を流れる川の水も柔らかく感じる


冬の夕日.jpg

冬の日が川面に映って春を告げる

2010年2月14日

仕える教会

「ハウスチャーチと既存教会との違いはなんですか?」
この質問に対するフィリピンの David Lim さんの回答です。


仕える教会ー1.jpg


仕える教会ー2.jpg


仕える教会ー3.jpg


仕える教会ー4.jpg

活性化のため

早朝、我が家の三男、託から電話がきて朝ご飯を食べに来た。
実は、彼はおおむね月に一度は顔を出すのです。仕事をしながら大学で夜間学んでいるので忙しいと思うけれど来てくれる。
親がボケていないかをチェックするためのようだ。嬉しいことです。

彼が来たときはいつもパソコンの新しい技術を教えてもらうのです。
今回は、ブログにパワーポイントで作った絵を貼り付けることを教わった。
(実は、何度やっても容量が大きいので出来なかった)
この技術はボケ防止のみならず、わたしのブログをレベルアップするのに偉大なテクニックです。
本当に「老いては子に従え」です。
ありがとう!

「ハレルヤ。
 新しい歌を主に向かって歌え。」 詩篇149編1節


チョコ.jpg

今年も二男の嫁さんの貴子さんから、バレンタインの日にチョコレートが届いた。著名なショコラテ Koji Tsuchiyaの作品です。
これ(チョコレート)も脳の活性化になるポリフェノールが多いそうです。
ありがとう。

2010年2月12日

絆を大切に

先日、香港駐在時代に親しくしていたOKさんご夫妻の訪問を受けた。
彼らは成田に住んでいて、母親の介護をしているのでリフレッシュのためにキャンピングカーで伊豆に行く途中立ち寄ってくれたのです。
何と15年ぶりの再開でした。
彼は器用で、無線もするしまた車の修理や機能付加も自分でします。

彼も当時、わたしたち香港の「栄光ある短足4人組のメンバーの一人でした。今回、我が妻の自慢料理タイカレーを昼食に食べながら昔話に花を咲かせたのです。
友あり、遠方より来たり、これまた楽しからずや!
天国まで(その後も)続く絆を大切にしたい。


「終わりに、兄弟たち。喜びなさい。完全な者になりなさい。慰めを受けなさい。一つ心になりなさい。平和を保ちなさい。そうすれば、愛と平和の神はあなたがたとともにいてくださいます。」
        コリント人への手紙第2 13章11節

紅い梅の花.jpg

団地の紅梅が満開です!


素敵なカップル.jpg

OKさんご夫妻と15年ぶりに再開でまた絆が新たに

2010年2月 6日

当たった!

12月に今まで借りていた市民農園(約25㎡)の契約が切れて返却した。
そして、全市民に抽選の告示がなされた。
最近、家庭菜園をしたいという人たちが多くいるので借用の抽選倍率も高くなっているようです。もしかしたら外れるかもしれないと覚悟はしてた。
1月25日に抽選会があり、幸運にも当選し向こう3年間の使用が可能となったのです。本当にラッキー、感謝!
その上、同じ場所を使用できるのでそれも助かる。
というのは野菜作りの基本は「土つくり」だからです。すでに作物の価格以上の肥料代をかけてきたこともあるが、それだけでなく今まで自分が使っていた場所だから、どんな肥料を施したか土の状況が分かる。すぐに春野菜のための作業に取り掛かれるということです。
早速ニンジン、ホウレンソウ、スナップエンドウを、そして何か花も植えよう。
ほんの小さな市民農園だが、一年間何を植えようかと夢が大きく膨らみます。


「わたしの魂よ、主をたたえよ。
 わたしの内にあるものはこぞって
  聖なる御名をたたえよ。」    詩篇103編1節


夕方相模川三川公園の.jpg

夕日の中、相模川三川公園を散歩する


目白くん.jpg

ベランダに来てアロエの花の蜜を吸うメジロくん

Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.