トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

哀悼

1月3日,元の会社の親友TS氏からのメール

“ subject : 「 IY君長男30歳独身 1日未明車にはねられ死亡」

 IYちゃんより 泣きながら連絡あり、
 本人ダメで途中より奥様に変わりました。
 IYちゃんかなり落ち込んでおります。

 通 夜 1月6日 18:00~
 告別式 1月7日 13:00~14:00
 ライフケア新松戸  松戸市新松戸4-55  
JR新松戸駅より徒歩6分 ”


 元旦の未明に、自動車事故が突風のように家族の愛する若者の命を奪い、まわりを深い悲しみに突き落としました。
彼の人生はまだ道半ば(30歳で独身)、いやこれからであり、あまりにも早く終わったように思えます。どうしようもない悲しみが忍び寄ってくるのは自然のこととはいえ、辛すぎます。言葉が出ません。

 天に召されたいま、彼は私たちに何かを語りかけてやみません。
生命の尊さと、限りある生命をいかに生きるか、それを私たちに問うているように思います。彼の死は無意味ではありません。

 さらに天国があると思うなら、IYさんご家族はそこでまた彼に会うことができるという望みを持って生きていくことでしょう。
悲しみの中にあるご家族、友人たちの上に、神様の慰めがありますように祈ります。


「イエスは涙を流された。ユダヤ人たちは、『御覧なさい、どんなにラザロを愛していたことか』と言った。」
       ヨハネによる福音書11章35-36節


カモメ.jpg

強風に向かって飛んでいるカモメ


チューリップ.jpg

江の島のサムエル・コッキング庭園、1万本のチューリップ

コメント

26歳で突然死した娘、時の流れは早いもので、もう20年が過ぎました。あれから歳をとらない娘に誘われて、一緒に巡る世界への旅が私たちの喜びと心の支えです。

winder さん
100カ国以上の旅を娘さんと一緒に出来たという思いは良かったですね。

寒い中遠いところより、参列ご苦労様でした。
本日inaちゃんより、元気な声で電話あり、一安心しました。

tajima さん

貴兄も本当にご苦労さんでした。
ともかく、良かったですね。
そのうちゆっくりと話しましょう。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.