トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

クリスマスカードに祈りを乗せて

今年も12月になるとクリスマスカードを送り、また頂いてます。

同時にこの時期、ちらほらと親族を亡くした旨の喪中ハガキもいただき、哀悼の意を抱きました。喪中の方は年末年始のご挨拶を出さないのが慣例のようです。
しかし、ある友はそんな状態だからこそお便りをくださいとのメモ書きをしてくださいました。これが本音だと思います。
最近は私も何とかそのような人に少しでも慰め、励ましの言葉を送りたいと思い、クリスマスカードを送っています。

今、艱難辛苦の中におられる方のために、イエスが天から下ってこられ、愛と慰めの光を与えてくださったのです。
実に、クリスマスはその人のためにあるのです。
特に喪中の方もクリスマス、お正月を心安らかに過ごせますよう祈りつつ。

「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」
          ルカの福音書2章11節


カードー4.jpg

頂いたクリスマスカードー1


カードー1.jpg

カードー2


カードー2.jpg

カードー3

コメント

クリスマスカード有難うございました。お元気になられて良かったですね。クリスマス年末と先客万来でしょうね?
我家は元日に集まります。今年一年楽しいブログ有難うございました。

デコさん
メリークリスマス!
一年間、励ましやお勧めありがとうございました。
このホリデーシーズンそして新しい年もご家族の皆さんが健康で明るい時を過ごせますよう祈ります。
これからも仲良くお付き合いお願いします。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.