トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

七年ぶりの再会

一ヶ月にわたる旅の最後の日、旅の前から連絡していたWTさんとやっとこのワシントンDCで会うアポイントがとれ夕食を共にしました。

WTさんは日本の大学を出て、貧しい人のために働きたいという思いで、9年前マニラに来ました。そしてマニラからバスで南に6時間行った日本人がいないソルソゴン大学で日本語を教えていました。学期休暇でマニラにでてくる時はいつも我が家に立ち寄ってくださり交流が始まった。2年の期限が満了して、アメリカに勉強に行きアルバイトと奨学金で修士号を取得した。現在ワールドビジョンで働いており、忙しくアメリカを飛び回っているようでした。

今回の旅でアメリカ、カナダで活躍している三人の日本人女性に出会いましたが、彼女もその一人です。(男には一人も出会いませんでした)

「これからはあなた達のような若く元気のよい女性たちが活躍する時代です。」
「期待しています。」
「またどこかでお会いしましょう。」


「さあ、行きなさい。いいですか。わたしがあなた方を遣わすのは、狼の中に小羊を送り出すようなものです。」(イエスのことば)
          ルカの福音書10章3節

ウサギ.jpg

ウサギさんさようなら! お世話になりました。


再会ー3.jpg

7年ぶりの再会ですが昨日のようにおもえる


ダレス空港.jpg

シカゴ空港第3ターミナルにある恐竜の模型(シカゴの博物館の展示)
シナボンを探したが第1ターミナルとのことで入手できなかった。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.