トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

田植を見て

我が海老名村?の田んぼの畦道が活気を帯びています。
今田植えの真最中です。

田植風景.jpg

白鷺も.jpg

田植え完.jpg

最近霞ヶ浦の近くの稲敷市によく行きます。そして農家の方と話す機会がありました。「稲敷は戦後政府が、満州からの引揚者のために、霞ケ浦の一部から水を排出し田んぼにして払い下げた。それでここは稲しかとれず、稲敷という地名になった。」と聞きました。

私の行く農家の方はご高齢(ご夫婦とも82歳)ですが、毎年2町歩の田んぼで稲を作ります。夫婦2人で食べていくのに精一杯で、農機具の借金もあると言っていました。もちろん子供たちは農業を継ぎません、食べていけないのでサラリーマンになったのです。近い将来のコメつくりが心配です。

コメはなんといっても私たち日本人の主食です、主な食糧です。
コメを作って家族がそれなりの生活ができないのはどこかおかしいです。
選挙によって農業政策の変更で農家が翻弄されるのも良くない、また日本の食料自給率が上がることも必要なことです。

今こそ、高い米価を維持するため減反し農家を保護するのか、大規模農業にしコメが輸出できるようにするのか、政府の100年先の計画が必要です。
それに応じて現在とるべき中期、短期の政策を実施するべきです。
今回は堅い話になりました。

「塔を築こうとするとき、まずすわって、完成に十分な金があるかどうか、その費用を計算しない者が、あなたがたのうちに一人でもあるでしょうか。」
             ルカによる福音書14章28節

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.