トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

絆を太く

96歳の母に会いに行った。
母は兄夫婦の家で何不自由なく暮らしているが、以前から少し認知症が始まっている。
「子供はいるのか?」「結婚できてよかったんな」「ソックス編んであげるけど、何色がいいかな?」と、息子が久しぶりに来たので少し興奮気味に次々と話す。

「今は靴下いっぱいあるからいいよ」と言ったら、母は少しがっかりしたように「そうか・・・・・」と。
あーあ、言わなくてもいいことを言ってしまった、と気付いた。
ヒトは聴くことが苦手です。私もその一人。

以前読んだミヒャエル・エンデの『モモ』に
「ある廃墟となった円形劇場に住み着いた女の子モモは、相手が大人であれ子供であれじーと話を聞いたのです。モモに話を聞いてもらっていると、バカな人もきゅうにまともな考えが浮かび、どうしていいかわからずに思い悩んでいた人は、きゅうに自分の意思がはっきりしたりします。」というようなことが書いてあった。
モモが聞いてくれるだけで、ベッポもジジもニノもニコラも、みんなが幸せになるのです。

人間と人間の絆が細くなっている時代です。親子の絆、家族の絆、夫婦の絆を太くするために相手の話をじっくりと聴こう。傾聴しよう。

「信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。」
                   ローマ人への手紙10章17節


コリントの廃墟.jpg

コリントの遺跡、円形劇場もあったようだ


ギリシャの子.jpg

ひょうきんなギリシャの子供たちも歴史(人類学)を学んでる

コメント

母上96歳ですか、小平さんのお母さんの顔良く覚えております。若い頃幾度となく泊まらせていただき、天理様の太鼓で起床したのを鮮明に覚えております。靴下編んでもらって下さい。私の母は77歳で天国でした。悔いの残らぬよう親孝行して下さい。

そちら高崎の方は寒いから靴下編んでもらってあげますよ。いつになるか分からないが期待していてください。東京に出てきた時会いましょう。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.