トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

いよいよイタリヤへ

イタリア東海岸のバーリから西海岸のナポリへ。

牧草地.jpg

港バーリのある州はイタリア全土のぶどうの45%を生産するほどの農業地、各地に牧草地も広がる。


aruberoberro.jpg

畑の石を積み上げて作ったとんがり屋根の家々アルベロベッロ、冬は雪が積もるが室内は温かい。日本の白川郷と姉妹都市になっている。


pompei.jpg

ベスビオス火山(AD79年噴火し山の頂が吹き飛んでふたご山になった)の噴火で埋まったBC800年ごろから栄えていた古代都市ポンペイの町、七-八メートル灰を掘った。


キリストの涙ー1.jpg

キリストの涙、(キリストが涙を流すほど美しかったブドウ畑からとれたワイン)
炎天下のポンペイ遺跡を見た後、いただくこのワインは絶妙な味と香り

アッピア街道.jpg

パウロはナポリのそばのポテオリに上陸し、アッピア街道をローマに向かった
(特別なスタイルの松の木の並木道)


「シラクサに寄港して、三日間とどまり、そこから回ってレギオンに着いた。一日たつと、南風が吹き始めたので、二日目にはポテオリに入港した。ここで私たちは兄弟たちに会い、勧められるままに彼らのところに七日間滞在した。こうして、私たちはローマに到着した。」
           使徒の働き28章12-14節

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.