トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

「出前」文化の再来

日本には古くから出前文化があった。
「出前」を広辞苑を引くと「料理を調理して,注文した家に届けること」とある。
そば屋の出前が一般的、現在はピザの出前が大衆的のようだ。
また、今は少なくなったが、お医者さんの往診もすなわち医療の出前である。
大学が交通の便のいい所にサテライト教室を設置するようになった、これも授業の出前です。

先日ルイスさんと私は電車と車を乗り継いで往復8時間の茨城県の水郷地へ行ってきた。福音(Good News)を届けに行ったのです。キリストの教会が不在の地方ですが、キリストを求める方々がおられるからです。
これも「礼拝の出前」ということでしょうか。
高齢化社会、地方都市の過疎化で「出前礼拝」の時代が来ています。

イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」
   ヨハネの福音書11章25,26節


H-2.JPGH-1.JPG

昼食後のお茶のひと時


三川公園から.JPG

茨城の広々とした田園に似た三川側公園からの景色

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.