トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

バレンタインデー

今年もバレンタインの朝、次男のお嫁さんからチョコの宅配便です。
義理チョコでなく、心からのギフトはいつもらっても嬉しいものです。

聖路加国際病院理事長の日野原重明さんは、チョコレートもココアもともにカカオ豆からとれたもので、ポリフェノールが含まれている。ポリフェノールには動脈硬化を抑えたり、がんの発生をとどめる働きがある。チョコレートは若者向けにとどまらず、高齢者にも十分にとってほしい食物です。
バレンタインデーには、若者がお年寄りにチョコレートを送ることを広めましょうと提案されています。大賛成。


「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。」
   コリント人への手紙 第1 13章4-6節


チョコのギフト.JPG

宝石のようないろいろな形、味のチョコ


白梅-ab.JPG

白梅、まだまだ寒いから風邪に気をつけましょう

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.