トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

心に楽しみを

私は毎週水曜日、お茶の水まで出て同じ場所で同じ時間にKYさん(40数年前の学生時代の友) と昼食を共にする。毎週楽しみです。
先週はその場所に若くてもその道では著名なFMさんを招いて共に食事と語らいを楽しんだ。
帰宅して、パソコンを開けるとFMさんからお礼のメールが入っていた。メールの中に「60代半ばになっても毎週会うような友人が、僕にはできるかなあ」とありました。

最近の日本社会は離婚率が3カップルに1カップル(アメリカは2カップルに1カップル)になっているし、自殺者が毎年3万人を下らないというような大きな社会問題を抱えている。
高度経済成長時代にみんなが富を追い求て全エネルギーを投入し、生活にゆとりがなくなった。夫婦の会話がなく、家族の団欒も消え(仕事に没頭すること、勉強に精を出すことは悪いことではないが)、まして仕事に関係ない友とゆっくり合う時間などなくなった。

栄華を極めたソロモン王の言葉に、
「私は再び、日の下にむなしさのあるのを見た。
ひとりぼっちで、仲間もなく、子も兄弟もない人がいる。それでも彼のいっさいの労苦には終わりがなく、彼の目は富を求めて飽き足りることがない。そして、『私はだれのために労苦し、楽しみもなくて自分を犠牲にしているのか。』とも言わない。」

100年に一度の経済危機といわれる今日、まさに人の関係を回復する絶好のチャンスだ。今こそ夫婦の、親子の、友人との関係を時間をかけて回復する時ではないか。危機はチャンスです。


菜の花-1.JPG

東海道線二宮駅吾妻山公園、パステル・イエローの菜の花に春の希望を感じる


菜の花畑ー2.JPG

菜の花畑


菜の花畑ー3.JPG

菜の花畑の外にまだつぼみの桜の木、その向こうに丹沢連峰を望む

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.