トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

セレンディピティー

「Serendipity」を辞書で引くと「思わぬ発見をする才能」とあり一般に「偶然性」と訳されている。しかしある方がこれを「出会い性」と訳した。私はこの訳が好きです。

そもそも「Serendipity(セレンディピティー)」とは造語で、「Three Princes of Serendip 」というペルシャのおとぎ話から来たものだそうです。この話の主人公にこのような思わぬ発見をする才能があったとのこと。

古くはアルキメデスの法則の発見に始まり、ペニシリンの発見、さらに田中耕一さんのノーベル賞に繋がったたんぱく質のイオン化の発見までが、失敗や、日常のひょっとしたことから、新しいものに出会うというセレンディピティーに関連しています。

私自身、20代の時自分の心の汚さ、心の闇に罪を感じ、命を損なう程落ち込んだことが神との出会いでした。私の人生で最も大いなる出会いでした。


「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。
 私はそれであなたのおきてを学びました。」
         詩篇119編71節

冬の夕日ー1.JPG

夕日が相模川の川面を照らす


冬の夕日ー2.JPG

落葉の樹に落ちる夕日

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.