トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

親孝行の時

もうすぐクリスマスだ!
「街はライトで飾られ、クリスマスキャロルが流れている。どこの店もクリスマスツリーを飾って商品をいつもより美しく店頭に並べている。そして、教会でもクリスマスツリーを飾っているのを見て
『見ろよ、教会までがクリスマス売出しに便乗しているぜ』
と、通行人が言っていた。」1962年12月14日付けのサザエさんより

クリスマスって何だろう?
イエスが天から降って来られ、人の世にお生まれになった日です。
そして、聖書のヨハネ6章38節で
「わたしが天から降って来たのは、自分の意思を行うためではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行うためである。」とイエスは言っている。


中野雄一郎牧師は12月15日(月)のITCN集会で「クリスマスは親孝行する時です」と説教された。
今日「親孝行」という言葉は死語に等しい。しかし、神の子イエスでさえもこの世に来られたのは父を喜ばせるためだと知りました。

私もこのクリスマスに何か親孝行になることをしようと思う。
お母さんありがとう!


ツリー.JPG

お茶の水駅前(聖橋口)のマック広場のクリスマスツリー


light.JPG

有楽町の阪急デパートアーケードのエンジェル

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.