« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月31日

ハウスチャーチとは

House Church is small group.
(必ずしも集会に家庭を開放することではない)

1、聖書的
福音書や使徒の働きに現れているイエスの時代にみられる初代教会の形。家々でパンを裂き、野原や川のほとりで礼拝、交わりをしていた。

2、万人祭司
クリスチャンは神様からいろいろな賜物を頂いており、全てのクリスチャンは王の祭司です(Ⅰペテロ2-9)。聖餐式、洗礼式、結婚式、葬式を行うのです。

3、家のサイズのグループ
小さいグループなので会堂は要らない、喫茶店やレストラン、公園、カラオケボックスでもできる。またいつでもメンバーの都合のよい時間にできる。
日常生活に密着した話を中心にでき、主を中心としたサークルでも良い。

4、全員参加の対話型
2-10人くらいの小グループなので親密な関係ができ、秘密が守れる。
一人がしゃべる、一方的メッセージではなくお互いに学び、話し合える。
ワンマンショウでなくイベントが不要。

5,経済的
会堂建設および維持の費用や牧師、宣教師さんへの謝儀が不要のため、お金がかからない。献金は全て宣教や困っている人のために使える。

6、宣教的
小さいので、だれでも容易にまねができ増殖しやすい。
1000人教会で50人の洗礼者よりも10人のハウスチャーチで1人の洗礼者の方が受洗率は高い。

全国にハウスチャーチのネットができることを祈っています。


インターネットの時代の教会管理運営はクモ型(中央集権)よりもヒトデ(分散型)のほうが適しているのではないでしょうか。


参考文献

D-7.JPG

21世紀はリーダーなき組織が勝つ。アルカイダ、ナップスター、ウイッキペディアから学ぶ最強の経営組織論

2008年12月28日

年の瀬の平安

クリスマスが終わった!さあ、お正月を迎える準備の時だ!

この時期、ここ関東地方は天気が安定して空気はきりっと冷たく、ほとんど空はよく晴れ渡っている。
一年いろいろと苦楽(特に今年は11月に入って息子がニューヨークから仕事をやめて帰国したのはうれしいやらかなしいやら、そして就職の厳しいこの時に就活をしていた、やっと何とか新しい仕事を見つけて家を出た)はあったが、何とかそれなりにこの年を過ごせたことを感謝する。
今は家の掃除や買出し等はあるが、特別なスケジュールはなく、全部自分が自由にできる時間だ。まず読みたい本のリストを作るのも楽しみである。そして新しい年への希望や計画を立てたりする、一年で一番リラックスした、うれしい時である。
終わりよければすべて良し。


「野菜を食べて愛し合うのは、肥えた牛を食べて憎み合うのにまさる。」
                   (ソロモンの)箴言15章16節


冬川ー2.JPG

夏、雨が降ったときの濁流も今はこの通り穏やかな流れの相模川


冬川ー1.JPG


冬川ー3.JPG


2008年12月25日

ハウスチャーチを始める

ハウスチャーチをはじめる理由 10

Perhaps the last wave of the Spirit!
(使徒の時代--殉教の時代--大覚醒時代--大宣教時代--ハウスチャーチ時代)

「神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。」Ⅰテモテ2,4

「教会は大きくなるために、より小さくならなければならない。」
                 ダラス神学校 教授 A・B セイデル 

1、聖書的である   イエス時代の初代教会の形
2、急激に増殖する 小さいから再生産しやすいので急増している  
3、効果的である   既存教会の拡大より、新しい教会の設立が良い
、自然体である   地域コミュニティーの一部で、近隣と良い関係
5、人が中心である イベント中心でなく、人の成長が中心
6、効率的である   フレキシブルで適応性が大、50/1000より1/10
7、親密な交わり   小さいので対話が可能、秘密が守れる
8、どこでも出来る  牧師、宣教師がいなくても、会堂がなくても可
9、安価です      牧師謝儀や建物維持費、イベント費等不要
10、すぐ出来る    リビングルーム、喫茶店で2人から

参考文献

D-6.JPG

教会成長研究の第1人者が「教会成長は増殖」と語る


D-5.JPG

彼らは全ての機能を持っている、すなわち主の晩餐に預かり、バプテスマを授け、結婚式や葬式も執り行う。そして家の規模の集会で、祈り、礼拝や聖書の学びを含む対話型のミーチングをし、伝道をし、もちろん食事や娯楽の時もあります。そして皆ボランティアです。

2008年12月23日

小さなクリスマス

 私たちは海外渡航にはUS500ドル以下しか持ち出せなかった三十五年前、シンガポールに駐在していました。数少ない日本人の社会の中、四、五家族が集まってクリスマスをお祝いした。

シンガポールの中心地に近いクルーニロードにあった緑深いOMF(海外宣教団)の芝生ガーデンをお借りして、夕暮れ時から、お知らせや歌集など全て手作りの小さなクリスマスを行った。
Tさんはサンタクロースを演じ子ども達を興奮させていた。

南十字星のもと、夜遅くまで何度も何度も繰り返し歌った。
世界ではじめのクリスマス』(山内修一作)

♪世界ではじめのクリスマスは、
 ユダヤの田舎のベツレヘム
 宿にも泊まれず家畜ごやで、
 マリヤとヨセフの二人だけ
 ******
 世界ではじめのクリスマスは、
 小さな小さなクリスマス
 けれども喜び満ちあふれた、
 気高いまことのクリスマス♪

異国での慣れない仕事に疲れ日本を離れた寂しさの中、はじめての小さなクリスマス、イエスの誕生の喜びを噛みしめながら過ごしたのを思い出します。

「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」
          ルカによる福音書2章11節


ポインセチヤ.JPG

クリスマスの花、メキシコ原産のポインセチア


sony showroom.JPG

銀座ソニービルのチャリティー「愛の泉」とクリスマスツリー
コインを投げ入れることにより演出(照明・動き・音声)を行う

2008年12月16日

親孝行の時

もうすぐクリスマスだ!
「街はライトで飾られ、クリスマスキャロルが流れている。どこの店もクリスマスツリーを飾って商品をいつもより美しく店頭に並べている。そして、教会でもクリスマスツリーを飾っているのを見て
『見ろよ、教会までがクリスマス売出しに便乗しているぜ』
と、通行人が言っていた。」1962年12月14日付けのサザエさんより

クリスマスって何だろう?
イエスが天から降って来られ、人の世にお生まれになった日です。
そして、聖書のヨハネ6章38節で
「わたしが天から降って来たのは、自分の意思を行うためではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行うためである。」とイエスは言っている。


中野雄一郎牧師は12月15日(月)のITCN集会で「クリスマスは親孝行する時です」と説教された。
今日「親孝行」という言葉は死語に等しい。しかし、神の子イエスでさえもこの世に来られたのは父を喜ばせるためだと知りました。

私もこのクリスマスに何か親孝行になることをしようと思う。
お母さんありがとう!


ツリー.JPG

お茶の水駅前(聖橋口)のマック広場のクリスマスツリー


light.JPG

有楽町の阪急デパートアーケードのエンジェル

2008年12月 6日

家族を守る

若者が社会で事件(秋葉原事件、元厚生省次官殺傷事件等)を起すたびに、自分達の息子も条件次第では同じような行動を起こす可能性があると心を痛める。
子ども達に対して出来る精一杯のことはしてきたつもりだけれど、決して子育てがうまく行ったとは思っていない。

NHKの大河ドラマ[篤姫」で、大御代演ずる宮崎あおいの『あなたは家族ですから』のせりふに感動するものです。

聖書では血の繋がった家族(肉の家族)が与えてくれないものを、信仰の家族(霊の家族)が与えてくれることを述べている。アブラハムの親族に対する関係、またイエスの兄弟に対する関係(弟達はイエスを信頼しなかった)として言えるように。

それでも(子育てがうまく行かなかった)、天の父は肉の家族をも顧みてくださるのです。
地上の父である私達が子ども達に与えることのできないものを、天の父に与えてくださるよう祈る。

「『わたしはあなたがたを受け入れ、父となり、あなたがたは私の息子、娘となる。』全能の主はこう仰せられる。」
コリント信徒への手紙二 6章18節


マリア.JPG

京都の帰途、アドベント前だったので倉敷の大原美術館へ館所蔵のエル・グレコの『受胎告知』を見に行った

er gureco.JPG

美術鑑賞で疲れた後、隣のカフェ、エル・グレコでもう一度その世界に浸るひと時をもった

Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.