トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

我が国籍は天にあり

 受難週の良く晴れた3月18日午後、吉祥寺のキリストの集会所で、故成さん(97歳)の葬儀が200名を越す参列者の見守るなかで執り行われた。

香港駐在時、我が家の子供たちが成さん(元中学の英語教師)に英語を教わったりして、彼女と娘さん御一家(YMさん)と親しくさせていただいていました。

「この葬儀は故人に語りかけるものではなく(成さんはすでに天国です)、ここに参列している方がいつかは必ず来る死を見つめる時」 と説教された。

 この地上の生は永遠の命への準備期間であり、つらいこと、悲しい事があるとしても永遠に続く素晴らしい天国が待っている。
だから全てのことを良しとし、感謝して受けとめられるのです。

「成さん、天国でまたお会いしましょう!」

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。」
        ヨハネの福音書11章25節

水辺.JPG

水ぬるむ川面を泳ぐ鴨たち(相模川)


sougi.JPG

天国での再会を約して喜びあふれるご遺族(YMさん)

コメント

故成さんとの事が昨日のように思い出されます。
ご冥福をお祈りいたします。
Sさんも懐かしいです。

nさん
よき思い出があってよかったですね。
天国での再会を期待して。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.