トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

あ、忘れた!

最近物忘れが多くなった。
鉛筆を取りにいこうとしてテーブルの新聞に目が止まりそこで脱線し,なんでこの部屋に来たのか考えることがある。

最近読んだ2冊の本、なぜか同じようなテーマの本だった。「記憶喪失」。
一冊目は日野圭吾著「光」、宇宙飛行士が月から帰還した後ある記憶が失われ精神病院に入れられ,脱走し新宿の公園ホームレスとなる。
もう1冊は小川洋子著「博士の愛した数式」、かつて偉大な数学者がある年以降記憶能力が80分しかなくなり、その家で働く家政婦とその子供の心温まる日常生活の物語。

近所に記憶力が弱っている人(痴呆症の人)が増えている。つい最近までとても元気で早朝から散歩していた婦人がある日から足元が不確かになり、自分の家に帰れなくなった。感情も十分に表現できなくなっている。
日常生活の幸せ感はあるのだろうか?

また、かつて香港に駐在していた時ひとりのクリスチャン夫人がアルツハイマーで施設に入っていました。ご主人の顔さえ分からない状態だったが、たまに尋ねて讃美歌を歌うと一緒に口ずさんでうれしそうな表情を見せた。
魂(神の領域)に触れることには反応するのかなーと思った事がある。

高齢化社会で記憶喪失の人が増える時代が来ている。ゆくゆくは私自身の問題になるかもしれない。こういう人達が人生の最後まで幸せを感じて送れる社会となるにはどうしたらよいでしょうか?


  「わたしが老いて白髪になっても、
   神よ、どうか捨て去らないでください。」
               詩篇71編18節


book-2.JPGbook-1.JPG

最近読んだ2冊の本


梅のつぼみ.JPG

梅のもつぼみは寒さの中、確実に膨らんでいく

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.