トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

感謝 ! バリより

朝、プレドモアー牧師さん(ライルと呼ぶ)が朝食を作ってくれる。
メニューはパイヤ、マンゴーにプレーンヨーグルトをかけ蜂蜜をのせたり、シリアルのせたり、そしてメインはフレンチトーストやオートミル、トーストと日替わりです。それに洋子夫人の特性ミックス紅茶です、毎朝楽しみです。
食後、わたしが皿洗いをする。わたしが退職後習得した第一の特技の皿洗いです。
夫人たちは何もしません。ただご馳走を口に運んだり、そのほかは口を動かしてぺちゃっぺちゃ喋ったりしている。彼女達には天国のようなところです。

妻もなぜか頭痛やその他痛に悩まされないでいるのが助かる、心も体も温かいからでしょうか。主に感謝。

「わたしはこの口をもって、主に尽きぬ感謝をささげ、
多くの人の中で主を賛美します。」
         詩篇109編30節


朝食.JPG

朝食、食前には手をつないで祈ります

fruits-11.JPGfruits-22.JPG


fruits-33.JPGfruits-44.JPG

朝食用のフルーツの買出しです
ランブタン、マンゴー、マンゴスチン等、トロピカルフルーツがいっぱい


rainy.JPG

rice terrace-1.JPG

kopi.JPG

午後、山の方にライステラスを見に行った。
山の上のカフェーから、
雨のライステラスをながめながらの、Bali-cafe の味は格別


コメント

食べ物を見るとついつい嬉しくてコメントしてしまいます。(^_-)-☆ マンゴスチン、ランブータン、バナナ・・・・見ているだけでも綺麗ですね。
棚田も凄い!!!フィリピンと日本の専売特許!かと思っていたのですが。 寒い日本にいても、こんな南国風景が楽しめるなんて・・・・。

なんか、久しぶりにプレドモア師夫妻のお顔を拝見させていただきました。
ひろこさんもお元気そうでなによりです。

バリでの滞在を楽しんでくださいね。

南国はフルーツがいっぱいでそれだけで心豊かになります。
もうしばらくの忍耐をもエンジョイしてください。いつか一緒に行きましょう。

プレドモアー師ご夫妻は冬の間は暖かいバリでご奉仕をし、春から秋まではバージニアに帰りカントリーライフを楽しんでいるようです。
主に仕えた者が祝福されているのを見るのは本当にうれしいです。今回の旅の大きな収穫です。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.