トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

ECO生活

 最近、我が家のウォッシュレットがこわれた(貯水タンクから水があふれる)ので、新しいウオッシュレットを購入して自分で取り付けた。

今まで使っていたものは冬季は24時間便座と洗浄水(貯湯式)を暖めておくタイプで以前から電気の無駄使いが気になっていた。今度の製品はナショナル製GZ型で便座はセンサーにより人を感知し6秒で温まる、また洗浄水は必要時(瞬間式)だけ必要量暖めるタイプ。
電気使用量を比較すると旧タイプは258kwh/年に対して71kwh/年であり3分の1以下、パンフレットによると年間6千円の節約とある。

トイレはすっきりがよいが、省エネ、CO2削減で理論的にもすっきりが更に気持ちよい。ちなみに量販店で6万円がネットショップで買ったら3万5千円でした。(ほかにもいくつか利点があります)

これから、パンフレット通り少ない消費電力量かを検証します。
エコワットという優れもの(簡易電力積算計)で使用量、電気代、CO2排出量を測ります。
エコ生活、CO2削減の結果が楽しみです。


「貧しい人の一生は災いが多いが、
心が朗らかなら、常に宴会にひとしい。」
                  箴言15章15節


purumerias.JPG

とても甘い香りのプルメリア (Baliにて)


朝の散歩.JPG

朝の散歩 (Bali のビーチにて)


eco-1.JPGeco-3.JPG

簡易電力、CO2排出積算計

コメント

15章15節これはどういう意味ですか?
凡人の私には理解しかねます。
我が家もウオシュレットを便器ごと交換しましたが量販店でしたので目がてんでした。(^_-)-☆
これが私の寿命と同じ位持ってくれるようにと思いました。

エコ生活は積極的に無駄を省き、ある意味で清貧に処する生活です。
今までの生活を反省したり、困難を忍んだりするので(豆腐を買うのに車で行っていたのを、自転車で行くとか)、不満を覚える時、それを災いと思う人もいるでしょう。
しかし、心が喜びで満たされているなら、貧しさにかかわらず楽しいのです。
何物にも影響されない、この喜びを満たして下さるのがイエスの愛です。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.