トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

クリスマスプレゼント

「教会でもクリスマスするのー!」
「うっそー!」
そんな会話が聞かれ、
また11月末の新聞で、「クリスマスの飾りつけが早すぎるのではないか?」という投書を読んだことがある。

 クリスマスは全ての人(何も良いことができない人も、いや多くの悪い事をしてしまった人でさえ)待ちに待ったハッピーな日なのです。
神様が大きな愛と犠牲を払って、救い主イエスキリストをこの世に送って下さったからです。神の愛が見える形で私達に与えられたのです。
それは、だれでもが無償で受ける事が出来る愛なのです。

フィリピンでは9月の終わりから飾り付けをしてこの喜びの時を待ちます。
彼らが心から待ち望むように、本当のクリスマスの意味を知って、このプレゼントを受け取ってほしい。

「御使いは彼らに言った。『恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。』」
            ルカの福音書2章10節


広場のツリー.JPG

広場のクリスマスツリー、ヨーロッパの町(TVより)


暖炉の火.JPG

暖炉の火を見つめながらの静かなクリスマスもいいものです。


コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.