トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

冬支度

 今年は暑い日が長く秋が短くすぐ冬が来た感じ。
我が家もあわてて暖房設備を準備したが、元建築設備会社のエンジニヤとしては快適ながら何とか省エネで冬を過ごしたいと考えている。
寝室の窓にはローラーブラインドを取り付ける。入り口の鉄板ドアーに保温材を張る。風呂場の脱衣場の床にカーペットを敷く。机の下の足を置くところにユタンポを置く。
今年は特に北に面するガラス窓は透明断熱フィルムを張る。
そして暖房のベースとして数年前設置したガスによる床暖房を入れる。
特別寒い日のため(ほとんど使わない)にガス暖房器をリビングルームに設置しておく。
これでかなり省エネ暖房になったはずである。近いうちに何キロカロリーの省エネになったか、しいてはどのくらいのCO2が削減できたか簡易計算する方法を考えたい。

「わたしたちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。」
            エペソ人への手紙2章10節

地球を大切にしよう!


柿の葉.JPG

柿の葉も美しく冬支度をしている


さくらの葉.JPG

夕日に照るさくらの葉


神宮の銀杏.JPG

神宮外苑の銀杏並木(紅葉は来週あたり)

コメント

寒くなりましたね。もう木々は今年最後のドレスに
衣更えをして、きれいですね。ところで、CO2削減
で我が家の夫も机の下は湯たんぽです。柔らかい温かさで気に入っているようです。暖房は炬燵のみで頑張っています。CO2削減で家族も孫も炬燵に集まってきます。神様の造られた地球大切にしたいですね。

掘り炬燵ですか?
我が家はコンクリートの団地なので掘り炬燵は出来ません。もし家を建てるならば掘り炬燵を作りたいねと話したところです。
家族団らんメリークリスマス!

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.