トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

香港ハウスチャーチ会議、第1日目

今日は香港島からフェリーに乗って1時間の長州島(カンファランス会場)に行った。会場は島の中央の山中にある救世軍リトリーとセンタです。
アジア各国のクリスチャンが集まっているので、一人2分で自己紹介をした。
国によりもちろん国民性がかなり明確に出ているようだ。
自己紹介だけで3時間位かかり、結果昨晩と今朝続けて行った。
集合時間を守るのは日本人、欧米人やフィリピン人は遅れる。2分の自己紹介の制限時間が過ぎてからまだ延々と話すのが中国人。かなり数字に強く理屈を述べるインド人。

共通語は英語ですが、ヨーロッパ人でもオーストラリヤ、ドイツ、アメリカの英語はそれぞれ違う。フィリピン人の英語、特にインド人の英語は巻き舌で分からない。私はもちろんジャパニーズ・イングリッシュです。
でもイエスのゆえに寛容と一致が与えられていることは感謝です。

「体は一つでも、多くの部分から成り、体の部分の数は多くても、体は一つであるように、キリストの場合も同様である。」
   コリントの信徒への手紙一12章12節

HK-20.JPG

コンファレンッス会場からの眺め


コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.