トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

シンガポールの味

 我が家では、新鮮な野菜やフルーツがでるようになると漬物やジャムを作ります。梅の焼酎漬けはじめ、プラムやルバーブジャム、白菜キムチ等です。つくる楽しみと食べる楽しみを味わうことができるのです。

ここ数年は青唐辛子(グリーンチリ)の酢漬けがお気に入りです。
シンガポールに駐在していた時、町の屋台で食べて気に入ったものです。
初めて海外に駐在して味わった酸っぱく、ピリッと辛い味です。
日本でも特に夏の暑い時、どんな料理とでも良くあいます。
今年も二瓶作りました、これからしばらく楽しめます。

「あなたの御口のおしえは、私にとって幾千の金銀にまさるものです。」
     詩篇119編72節


青唐辛子.JPG

見た目がいいだけではなく、この辛さが夏ばて防止にいいと聞いたが?

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.