トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

ピンチはチャンス

昨日、元カネボウ薬品会長で『逆転人生』の著者、三谷康人さんの話しを聞いた。
“小学生の時、母親が担任教師から『康人君は女の子よりおとなしい。長い人生で少しはいい時もあるかもしれないが。』と言われたほど、小心で、おとなしい子供だった。
50歳になった時、全く経験のない薬品の販売をする営業の責任者に任命された。前任者を慕う部下達にはそっぽを向かれ、未経験ゆえに適切な指示も出せず毎日が針のむしろだった。半年後に成績が上がらなければ更迭となる。自分の無力を徹底的に知った。
もうこれで自分の会社人生は終わりとなるのかと思った。

そんな時、箱根で行われた2泊3日のキリスト教の聖会に奥さんといって、祈りと聖書のことばに力を与えられた。
「神がわたしたちに下さったのは臆する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである。」テモテへの第二の手紙1章7節

早速、翌日会社に戻って、今までの営業(お客と仲良くなるために、ゴルフ、飲食の接待をする)ではなく、薬屋さんがその薬を売れるように工夫する(のぼりを立て、商品を陳列し、ビラを配り等)ことで、1年半後に以前の5倍を売り上げた。“
神にとって人のピンチは働くチャンス。

「王の勝利は兵の数によらず、勇士を救うも力の強さではない。」
  詩篇33編16節
「わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである。」
  コリント人への手紙2,12章9節


御茶ノ水駅まえ.JPG

朝10時の御茶ノ水駅前、さすが夏休みで人通りもまばら。いつもこんな状態だとストレスもなく爽やかですね。


杉.JPG


団地の杉の木、今年は蝉の大発生、朝から大合唱で暑さが倍増

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.