トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

スケッチ展に誘われて

 元の会社の上司であり、公私共々にご指導いただいたHYさんが埼玉県、彩の森美術館にて個展を開いた。
17年前に愛娘をなくされて以来、ご夫妻は心の癒しを求めて世界各国巡礼の旅をし100カ国に達した。旅をしつつ描いた絵(奥様は油絵、ご本人はスケッチ)を、追悼記念とし展示したものです。1000点という膨大な数の作品なので3回に分けて展示されるとのこと。

ご夫妻の心の空洞を埋めるために、これほど多くの国を巡らせ、絵を描かせた娘さんへの愛は何と大きいことだろうか。

『信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。』 
        コリント人への手紙第一、13章13節


gallery.JPG

第一期、東南アジア、中国編の案内(7月7日-16日)


画廊.JPG

画廊の中の様子、壁いっぱいにかけられているスケッチと油絵


art.JPG

第2期 中近東イスラム・旧ソ連編(8月3日ー12日)

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.