トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

マニラのもうひとつの風景

先日、中野雄一郎先生がマニラに来られて、カビテのFKさん宅で夜の集会をした。昼下がりFKさん宅に向かう途中、葬式の一団にぶつかった。どなたが亡くなったか分からないが、バトンガールに吹奏楽団の後を会葬者が数百人従っていた。大きな悲しみを伴った葬式であった。

FKさんの家に着くと、2階のテラス(屋上)に案内され、そこに10人の男性が集まり食事(久しぶりに食べる日本のカレー)の後、中野先生からラザロの復活の話をお聞きした。
途中の葬式、屋上での復活の話といいまさに2000年前のイエスの時代を生きているような思いがして不思議だった。

「ですから、あなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。」
     コリント人への手紙第1、11章26節
今も、十字架と復活は真実で、信じるに値するものです。


band1.JPG

バトンガールを先頭に、盛大な葬儀の列が続く


band2.JPG

交通渋滞もなんのその、ブラスバンドも続く


cigaret.JPG

路上で一本2ペソ(5円)でタバコのばら売りをする人、サービスで火も点けてくれる

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.