トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

霊の糧を

 食べ物の話題が多かったこの頃でしたので、今日は霊の糧をお届けしましょう。
マニラ日本語キリスト教会(MJCC)は、毎週木曜日の朝6時から7時まで教会に集まって祈りの時を持っています。今日は5人の出席者でした。
FSさんは「3時に起きてシャワーを浴びコーヒーを飲んで目を覚まし、UMさんの車に乗せてもらって4時半に家を出て6時に教会につきました。」と語っておられました。5時でもまだ暗く、空には星が残っている。

祈りは人間のもっとも崇高な労働です。
会員の名前を一人一人挙げて一日の働きのために祈りました。
祈りをすると、何とお腹がすきます。
皆で近くのマックに行って朝食、コーヒーとパンケーキ2枚。そして1時間超おしゃべりをし、それぞれ仕事や婦人の集まりに向かった。
今日一日、この祈りで勝利です。万歳!

「義人(クリスチャン)の祈りは働くと、大きな力があります。」
   ヤコブの手紙5章16節


朝空.JPG

5時半。空は明るいが町はまだまだ、パセオ・ド・ロハスから アヤラ通りへ


朝.JPG

町はまだ寝ています。レガスピ通り


union church.JPG

朝の神聖な祈り会をここで持っています。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.