トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

雨の季節到来

最近、雷が鳴りかなり蒸し暑い時がある。
どこか遠くで雨が降っているのだろう。
暑いマニラの夏もいよいよ終わりに近づいている。
何ヶ月も雨らしい雨は降らなかったのでしょう、公園の草花が枯れている。
例年は6月が雨の季節であるが、今年は早いようである。
雨が降るとまた、雨のための災害を心配しなければならない。
それでも自然界、人間を含めて全てが雨を待っている。
雨がフィリピンにとって恵となるように。

「私たちは、知ろう。
 主を知ることを切に追い求めよう。
 主は暁の光のように、確かに現れ、
 大雨のように、私たちのところに来、
 後の雨のように、地を潤される。」      
        ホセア書6章3節

雨が降る前に撮ったものを、

歩道.JPG

ペニンスラホテルのわき道


サン・アントニオ教会.JPG

St.アントニオ教会、マッキンレー通り


墓に.JPG


お墓.JPG

フォートボニファッシオのアメリカンセメタリー
太平洋戦争のアメリカ軍戦没者墓地


花の道.JPG

マッキンレー通り、ポロクラブ入り口の花の壁

コメント

雨の季節到来との事、数年前皆でお邪魔した時道路が水で車が立ち往生した事を思い出します。14日ob会総会があり滝さん、福本君等と8月3日小平先生も日本だろうからとフッシュヘッドカレーを食べます。福本君幹事でやりますので宜しくお願いします。健康には充分注意しご活躍下さい。

そういえば思い出します。マニラで車の床まで水に浸かった事を。フィッシュヘッドカレーを食べるのを楽しみにしています。福本さんによろしく伝えてください。お祈りありがとう。

早速、ご返事をいただきましてありがとうございます。今は、マニラにいらっしゃるのですね。写真を見ていると暖かいしめった空気が感じられて懐かしいです。
今年の東京は、だんだん亜熱帯に近い気候になったように思います。今年は雪が少なく、この夏の水不足が心配されるとニュースで言っていました。
御地はいかがでしょうか。Jun先生のたびの安全とMJCCの皆様のますますの発展、そして、MJCCがマニラ在住の日本人の方々の心の安らぎの場所となることを祈っています。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.