トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

燃える心の者たち

 21日(春分の日)は、JTJ宣教神学校の卒業式でした。
「おめでとう!」総勢63名の老若男女(上野のホームレスだった者、お医者さん、主婦、大学生、元ヤクザさん)が学びを終えて、全世界に福音を携えて旅立った。

 卒業式にさきだち、朝8時から有志約30人が集まり、既存の教会とは違った全く新しいクリスチャンの集会、ITCN(インターナチョナル・東京クリスチャン・ネットワーク)を開きましょうと祈るために集まった。

 昨年のギャラップ調査では『日本のクリスチャン人口は6%である』と発表された。実際の登録は1%であるので、5%の教会に行っていない、行けないクリスチャンがいるのです。何とかその人たちにも来て欲しいという思いで、心を燃やされた者たちが集まったのです。
いよいよ、4月16日(月)から御茶ノ水クリスチャンセンターでその集会が始まるのです。ハレルーヤ!

今朝も80歳を過ぎたご夫妻が、「今回は朝8時からの祈り会(以前は朝6時半)だったので始発電車に乗って、参加できました。」とうれしそうに話しておられた。
「人生って何歳でもすばらしいなー」

神様にビジョンを与えられたら、どんな高価な犠牲を払っても従おう。

「二人は、『道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか』と語り合った。
そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。」
       ルカによる福音書24章32-34節


小川のさくら.JPG

はと川沿いの桜並木、もうすぐ人であふれるでしょう。

つぼみ.JPG

春はもうすぐです。

コメント

卒業と出発の季節。
様々なビジョンを持って各地でスタートする働きが、
神さまの目に喜ばれるものに成長するように願っています。
どんな芽が出て花が咲き、実をつけるのでしょう。楽しみです。

ブログの後に JTJ卒業式関連の記事を読みました。
以前から感じていることですけど“千の風になって”
クリスチャンが歌う時には、聖書観ベースの歌詞に変えて
歌われるようになればいいのになー。

「千の風になって」がとてもはやっています。
「死ねば、大自然に変える。そこでまた生まれ変わる。」これは輪廻転生です。
「しかしそこからさらに一歩進んで復活へと転回するのです。」と、岸義紘先生(JTJ宣教神学校学長)は言っています。
キリストの復活が、やがてのわたし達の復活の根拠であり保証です。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.