トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

映画「不都合な真実」を見て

地球温暖化防止のためにアクションを起こそう。

アメリカの元副大統領、アル・ゴアさんが製作した地球温暖化に対する警告のドキュメンタリー映画を見た。過去40年間で北極の氷が40%縮小した。今後50-70年間で消滅する。そうなると世界の海面が6m上昇し、膨大な地域が水没してしまう。オランダ、上海、インド、バングラディッシュ、ニューヨーク、当然日本の一部も水没する等、衝撃的な映画だった。
地球が破壊される。お金儲けどころではない。
多くの人が温暖化の重大性を認識していない、その事が問題だ。
エネルギーを節約しCO2を出さないようすることです。
「鈍感力」をつけねばならないという日本の政治家がいるが、ゆで蛙のようになってしまわないうちに、自動車の代わりに自転車にするなり歩くなり、真剣に出来ることから始めよう。まずはこの映画を見よう。

「『神が清めた物を、清くないなどと言ってはならない。』
こういうことが3度あり、その入れ物は急に天に引き上げられた。」
        使徒の働き10章15,16節
大使徒、ペテロでさえ神様の心に気付くのに、3度も具体的な場面を見せられた。何と人間は鈍いのだろう。


富士山.JPG

澄んだ空にそびえる真っ白な富士山、いつまでも見られるように!

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.