トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

愛がこわれる時代に

今日はバレンタインデー
チョコレートを食べる日? いいえ。
チョコレートを拝む日?  いいえ。
チョコレートを通して愛を告白する日? まあね。
チョコレートを通してお互いの絆を新たにするのです。
親子の絆、恋人同士の絆、夫婦の絆を。
最高なのは、神様と絆が結ばれることだが。

この日、イギリスでは男性が女性にチョコレートをあげるという。
フィリピンでは男性が女性に花束をあげるのです。
ともかく、大切な絆が保たれることは良いことです。
これがバレンタインデーの意義です。

「愛は、すべてを完成させる絆です。」
         コロサイの信徒への手紙3章14節

Valentineday-1.JPG
チョコレートショップは大忙し


ブーケ.JPG
花屋さんも頑張っている

linking.JPG
愛の絆に結ばれて

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.