トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

さらなる喜び

 ChristmasはChristとMassから成っていいます。
人の子として地上にお生まれになったキリストを礼拝するということです。

 昨日はクリスマスイブの日曜日でした。私たちクリスチャンは教会に集いクリスマスキャロルを歌ったり、愛餐会という祝賀会で食事をしたりして、一年の感謝をキリストなる神さまに捧げたのです。

 クリスチャンでない人にとっても、町にクリスマスキャロルが流れるなか、ケーキを買って家路に着き、家族そろって団欒の楽しい時を過ごすことも楽しみでしょう。クリスマスの意味がわかればさらなる喜びとなるでしょう。

 東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。「ユダヤの王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東の方でその方の星を見たので、拝みに来ました。」
      マタイによる福音書2章1,2節


tree-NY-1.JPG

ニューヨーク、ロックフェラーセンターのクリスマスツリー
息子が送ってくれた写真、来年は本物を見に行きたいね!

コメント

是非来年はおこしくださいな。
個人的にはサンディエゴにきてほしいけどね。
それじゃぁ、よいお年を!

クリスマスツリーきれいですね。
今年は心ここにあらずのクリスマスでした。
来年は良い年にしたいです
来年も楽しみにしております。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.