トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

秋の陽

 詩と信仰にひたむきに生きた、八木重吉の詩集から秋の歌二つ

  色づいてゆく秋
色づいてゆくうれしさよ
ひとりでに
鮮やかに秋は色づいてくる
わたしはただ見とれていればいい

  夕陽
秋のゆうひは
地におちさえすれば すぐにひろがって ひかる
ひかりながら夢を見ている
あんまりしずかなので
こどもが ひかりの中でさわいでいるようなきがした

「イエスは彼らに言われた。
『まだしばらくの間、光はあなたがたの間にあります。やみがあなた方を襲うことのないように、あなたがたは、光がある間に歩きなさい。やみの中を歩く者は、自分がどこに行くのかわかりません。
あなたがたに光がある間に、光の子となるために、光を信じなさい。』」
    ヨハネによる福音書12章35、36節


ほうき.JPG

ほうきの木、緑から黄色になりこの色になった


影絵.JPG

影が長くなった、足も長いのでうれしい

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.