トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

チャペルコンサートと茶会

 私の通っているキリスト教会で今朝はチャペルコンサートがあった。
26歳の新進気鋭のギターリスト、重延勇矢さんが牧師の説教の変わりに、ギターで素晴らしい歌を披露してくれた。目と鼻の先で聞いたYMさんご夫妻も特別感激していた。
また午後はYMさんのお宅(急遽つけられた紅葉亭)でお茶会が開かれ、みな招かれた。
キリスト教とお茶と関係あるの?
実は、お茶の巨匠、千利休はキリスト教にとても関係深い人でした。
彼の二番目の妻、おりきはクリスチャンでした。

 『利休は次第にキリシタンに心をひきつけられていったようです。聖堂でのブドウ酒のまわし飲みを見て利休は心をふるわせた。そのまわし飲みが使えぬものかと、利休は思った。茶の湯の世界こそ、客も亭主も心を一つに解け合わさねばならぬ世界である。ここに主も従もない、信長も自分も、ともに一つの茶碗から茶をすする。それは新しい、あまりにも新しい茶の湯の姿であった。』 
三浦綾子著「千利休とその妻たち」解説より


チャペルコンサート.JPG

教会の礼拝で行われた、ギターによるチャペルコンサート


茶1.JPG

紅葉亭の女主人、お茶をたてている


茶2.JPG

お茶を飲む人、牧師に話しかけるご主人

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.