トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

老兵なお健在なり

 40年近く前からお世話になった、ワーフィールド・マンスさんと会う機会があった。
 当時アメリカ海軍厚木基地で電気技師として働いた後、退職し宣教師ヴィザを取って世田谷に居を構え、独立宣教師としてはたらいて?いた。
そんなマンスさんのところに1-2ヶ月居候をしていた事があった。聞く所によるとマンスさんも気を遣ったそうだが、私も気を遣った。クリスチャンカルチャーショックです。
 ある日、マンスさんの写っている写真を上げるといったら、不機嫌になり
「毎日鏡で見ているからこれ以上この顔を見たくない。、それよりあなたの写真をクダサイ、祈るためです。」さすが宣教師だと思った。

 今はハワイのオアフ島で悠々自適の生活しながら外国人(中国人、韓国人の学生)に聖書を教えている。今年80歳の老兵、なお健在です。

 「今日わたしは85歳ですが、今なお健やかです。モーセの使いをしたあのころも今も変わりなく、戦争でも、日常の務めでもする力があります。どうか主があの時約束してくださったこの山地をわたしにください。」
    ヨシュア記14章10-12節

Mr.Munce と.JPG

聖書を読むかいにて、マンスさんとメンバーたち

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.