トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

モンテンルパ昔も今も

 マニラから南へ約30キロ、戦中から日本人が収監されていることで名の知れたモンテンルパ刑務所を訪問した。
ここは重罪人の収容所で、1万人の中で2千人が死刑囚とのこと。
 
 収監中の日本人のTM氏が、マニラ日本語キリスト教会に日本語の聖書が欲しいと手紙を下さったので聖書と日用雑貨を持って教会のメンバーが面会に行った。フィリピン女性と結婚して(したことになっている)捨てられ違法滞在となり訴えられ、莫大な借金を背負ったという事で収監される。(何人かの日本人があちこちに収容されているようだがほとんど同じケースと聞く)彼は2001年に入獄してすでに5年。

 いろいろな事があっただろうが、そこでイエスキリストを信じてクリスチャンになった。地上の苦しみはあるだろうが、天国へのチケットを手に入れたことは何ものにも代えがたい幸いである。

 パウロも獄中から新約聖書の手紙の多くを書いた。TM氏も1週間で新約聖書を読んでしまうとのこと。失礼な発言に許しを乞いて言わせていただけば、ある意味で社会にいて、仕事の奴隷になっている人生より有意義な時間を送っているのではないか。
今後、全能の主に期待し、一日も早く主のために社会に出て働けることを願う。

『キリストを知る知識の絶大な価値のゆえに、
    これらのものを糞土のように思っている。』
  パウロの言葉、 ピリピ人への手紙3章8節(口語訳)


入り口.JPG

スーパーハイウエーからの入り口


む所.JPG

モンテンルパ刑務所のビル

コメント

はじめまして、フィリピンに住んでいるRockyです。今回はじめて、書き込みさせていただきます。今後とも宜しくお願いします。 ちょっと聞いただけでは、TMさんが 犠牲者のようにも思えますが、出所できる見込みはあるのでしょうか? 早く出られるようお祈りいたします。

先程のコメント 「犠牲者のように思える」は、最初これを読んだ時の感想でしたが、ローマ8:28 の御言葉を思うと、彼(TMさん)は、救われた事を喜んで、今回の事件を感謝さえしているのではないかとも思いました。 私は、今回訪問できませんでしたが、きっと生き生きとしたお顔を拝見できたのではないかと、想像できます。ところで、Romans8:28は、好きな御言葉のひとつですが、 一番好きな訳は、NASBです。

And we know that God causes all things to work together for good to those who are called according to His purpose.

 今回始めての訪問で、まだ詳しいことは聞いていません。(特に私はわけあって直接聞いていませんので)かなりの長い話があるはずと思います。
 
 洗礼を受けて神の子供となりましたので、今後み言葉の深い喜びを味わえるようになるといいなと祈っています。たびたび訪問してあげることが必要と思います。

ローマ8.28、NASB訳は良いですね。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.