トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

犬の祭壇に

 今朝、教会学校のお母さん方と「あなたは死後どこへ行きますか?」
ということを話し合った。
一人の最近洗礼を受けたばかりのお母さんが先日日本へ一時帰国して戻ってきました。日本の親しくしていた近所の人を訪ねた時、愛犬(ゴールデンレッドリバー)が老衰で死んで、家に立派な祭壇が飾ってありました。
親しくしていたその友人が「犬の祭壇にお線香をあげて」と言ったので、とっさに『人を拝んではいけないが、犬もやはり拝んではいけない』と思って、
「神様、この犬をこのご夫妻の所にしばし与えてくださり、彼らがこの犬から大きな楽しみと、慰めをいただいたことを感謝します」
と、祈ったそうです。

 「あなたがたは、食べるにも、のむにも、何をするにも、
         ただ神の栄光をあらわすためにしなさい。」
              コリント人への手紙第1 10章31節

私たちは、いつも主を褒め称えるべきです。
素晴らしいとっさの知恵が、主から与えられ感謝です。


ランドマーク.JPG

マカティの中心アヤラミュージアムからランドマークをみて


UP.JPG

フィリピン大学のキャンパスで、誰が使うのかね?

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.