トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

昼の祈りの時

 昼過ぎは涼しいところで祈ろうと、フィリピン大学の構内の並木道のベンチに陣取った。大きな木下で風もあって涼しい。
祈り始めたが少し祈ると時間が気になる。
今日は何時まででも十分時間はある。
遠くの広場で子供が遊んでいるのに気が付き、これはカメラに収めなければと、また少したつと喉が渇き時計を見ると3時(ミリエンダ、おやつの時間)マクドナルドへ行ってマックと飲み物を買って木下で食べた。
眠くなってきたので少しうとうとしてたらもう5時になってしまった。
しまった!
なぜかサラリーマン根性がぬけず、時間を無駄にしてはいけないという悲しい習性から抜けきらない。
いつになったらこれから自由になるのかな?

「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。
わざわいの日が来ないうちに、
また、『何の喜びもない。』と言う年月が近づく前に。」
         伝道者の書12章1節


遊び.JPG
キャンパスに隣接する広場で、
子供はどんなものをも遊びに替える、なぜか女の子が元気


涼しい.JPG

キャンパス内は、夏休みで学生も少なく静かです


木陰.JPG

寝て空を見ると緑のじゅーたん

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.