トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

朝の祈り会

 朝6時から祈り会があった。
今朝はローマ人への手紙3章から学んだ。
3-8節、「私たちが悪くても神はいつも変わらず真実を持って私たちを愛してくださっている。」「そうであれば、人間の不真実によってなお一層神の真実が明確になるから、私たちはもっと罪の中にいたほうがいいのではないか?」と言う問いに、パウロは「断じてそうではない」と言っている。

 アウグスチヌスのことばを借りると、「神を愛しているならば、何をしても良い。なぜなら、真に神を愛している人は神を喜ばせたくなるからです。」

みんなで心を合わせて教会のために熱心に祈った。
7時過ぎにはみんなそれぞれ一日の働きに、学びに向かった。
祝福あれ!

私は午後フィリピン大学のキャンパスへサイクリング


アカシアの道.JPG
フィリピン大学のキャンパス
アカシヤの並木道でジプニーを待つ学生


木漏れ日.JPG
午後の日差しの中で


学生.JPG
キャンパス内のジプニーは学生の足


語らい.JPG
夕方、日差しが少し和らぐと学生が語らいに出てくる

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.