トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

マニラ着

 成田9時30分発のフィリピン航空でマニラに13時15分に到着した。
飛行機からムービングデッキに移る時、隙間から入る熱風にみんな「ウアー」と歓声を上げていた。外気温度35度とのこと。
わたしにとっては、これが懐かしいマニラです。

 ジュン・グリフィッツ先生がOMFの車で直々に迎えに来てくださいました。
相変わらず元気に「暑い、暑い」と言って、日本の扇子をパタパタやっていました。
そしてOMFのゲストハウスに直行、小一時間、車の中で早速引き継ぎの打ち合わせです。先生は本当に段取りが良いですね。
「今日は良い話だけにしておきましょう。」 そして「明日、午後込み入った話をしましょう。」と言っていた。
いよいよ何かが始まります。
主の特別な導きがあるよう祈ってくださいました。感謝

「そして、群集はイエスの前を行く者も、後に従う者も、こう言って叫んでいた。
『ダビデの子にホサナ。
祝福あれ。主の御名によってこられる方に。ホサナ。
いと高き所に。』
こうして、イエスがエルサレムにはいられると、都中がこぞって騒ぎたち、『この方は、どういうお方なのか。』と言った。」
      マタイによる福音書21章9-10節


暑い.JPG
外気温35度、新空港の管制塔

マニラ空港.JPG
イースター・ホリデーで出迎えの人でいっぱい(ジュン先生も端に)

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.