トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

まだ後遺症が

 イスラエル旅行から帰って、まだ時差ぼけの後遺症がある。
日本の現実生活に戻るのに少し時間が必要だ。
そんなわけで、まともなブログができない。

 「さあ、河馬を見よ。
 これはあなたと並べてわたしが造ったもの、
 牛のように草を食らう。」
           ヨブ記40章15節

 今回の旅行で一番の番狂わせは、初日ベールシェバでの昼食のために小1時間近く歩くはめになったことだ。プリムの祭り(エステル記に起源があるが人々は仮装して楽しんでいる)のためにバスでレストランに近づけなかったから。

プリム.JPG


エルサレムにある、神殿の西壁(嘆きの壁)に入る糞の門の外で売っているパン、これも命のパンです。

パン.JPG


壁.JPG

神殿の西壁(嘆きの壁)に向かって祈るユダヤ人達

 ユダヤ教徒の休日は金曜日の夕方から始まり、一切の労働をしてはいけない。エレベーターのボタンを押すことさえできない。そういうわけでホテルのエレベーターも2台のうち1台は全自動で各階に止まりドアーが開閉する。
びっくりした。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.