トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ

トップに戻る

ただいま! 帰国しました

イスラエルの旅を終えて、
一言で、強烈、すごい旅だった。11歳から80歳までの老若男女47人、前日まで参加を取り消そうかと悩んでいた病弱者、頚椎の手術後お辞儀をすることが出来ない者等がいたにもかかわらず、一人の病人けが人も出ず、むしろ元気になって、結果的に全て良し。
 
 2000年前のイエス時代の生活を目の当たりに見、それからさらに数千年さかのぼるダビデやアブラハム時代の歴史的遺跡に手を触れ、かつ現代の中東問題を乗せて考えるという、知的収穫甚大であった。
 さらに場所場所において、中川健一団長の口を通して語られる魂への語りかけは、今を生きるクリスチャンにとって「主は素晴らしい!」と歓喜の声を上げるほどの喜びに満ちたものだった。

 
 「愛するものよ、あなたの魂が恵まれているように、あなたがすべての面で恵まれ、健康であるようにと祈っています。」
    ヨハネの手紙第三,2節
一人一人に与えられた三つの祝福、これほどの土産はないでしょう。


 「しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。」
 マタイによる福音書6章29節
数千年間、落とされたところで変わらず、満足げに咲き誇る花たちを紹介しましょう。

カイザリア2.JPG
ガリラヤの花.JPG
からし菜の花


カイザリアの花.JPG
紫のはな.JPG
名前不明

デイジー.JPG
メギド5.JPG
クラウン デイジー

オリブの木.JPG
オリーブの実.JPG
オリーブの実

コメント

小平さん。
ブログ拝見させていただきました。
素敵な写真とコメントで、イスラエルに戻ったようなウキウキ感いっぱいのブログですね!!
私は成田空港から卒業式に直行し、昨日まで大学の友達とお祝いしていたので、あっという間に今日になってしまいました。
今、イスラエルで撮った写真を眺めてますが、ホントに楽しく、収穫の多い旅行だったのでイスラエルへの逆ホームシックになってしまってます(笑)

kanaさん
若いって良いですね。
我々夫婦は時差ボケに苦しめられています。
本当は、旅行の初日から夢うつつでしたが。
新社会人の門出に当たって、三拍子の祝福をお祈りします。

コメントを投稿

オススメ書籍

失われたアイデンティティ
Ken Joseph Jr.著

彼は日本を代表するNGO「日本緊急援助隊」の代表である。又、一外国人でありながら日本人のルーツを調べ、日本人の心のふるさとが聖徳太子以前からキリスト教に多大な影響を受けていることを発見した。おどろきである。
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Co. All rights reserved.